2000年01月01日

シルビア系ブルブル防止ナックル&タイプ2&3&4
nakkuru_12_.jpg2007年 HEY MAN Product 箕輪氏と三上共同で
加工ナックル「関東版」試作品&テストを繰り返しておりました
AE86加工ナックルを製作・装着し大活躍しているHEY MAN 箕輪氏が
シルビア系で扱いやすい加工ナックルを製作するなら・・・
と三上に話を持ちかけてくれたのが始まりでした。


当時は3UPにアライメントの機械も無く、計算上の数値で切った貼ったして試作品を作りました。
箕輪氏+三上の共同コンセプトは
「従来の加工ナックルと違い、初級者-中級者でも違和感が少なく、
走るステージや速度域を選ばない、ドリフト中のコントロール性を重視したナックル」


トライ&エラーの繰り返しで、幾つもの試作品が生まれ、消えました。
テストドライバーは、三上、箕輪氏は勿論の事、松井由紀夫氏、水野(美豚)兄弟に協力してもらいました。
正直・・・「上手い人なら乗れて当然」と思っていましたが、最初の試作品では松井氏クラッシュ!!
なんて事もありました(汗

_nakkuru22.jpgnakkuru20.jpgnakkuru_21_.jpgna_8_.jpg






現在は、アライメント調整+ターニングラジアスゲージ(左右の切れ角を測定する機械)
にて計算と実際の数値が合っているかを実践点検してのデータとなっておりますが
試作品は主に、三上S14シルビアにてテストしました。
当初は、三上も”てんやわんや”し正直な話、私岡崎が操れるような商品になるまでに、
かなりの時間が掛かりました。

最終的にほぼOKが出た「試作品」を私の車輌180sxにて実走テストする日
正直・・・ドキドキでしたが、違和感はほとんど感じられず「意外とイケル」というのが
最初の感想でした。
2回目の走行はエビスサーキットで行われた大会出場でした
ナックル効果なのか?自分が上手くなったのか?もし嫌なフィーリングだったら
「車が変!」って言う私が、文句言わない所を見ると、違和感無かったのでしょう
3回目の走行は日光サーキットで、晴れ&雨というコンディションでしたが
普通に楽しく乗れました。もうすっかり加工ナックルが入っている事を忘れている様子

nakkuru_6_.jpgこうやって、「上級者ではない」「女の子」でも乗れる加工ナックル
「ブルブル防止ナックル」が登場し、販売する事になったのです。
正直、こんなにラクして(シビアな操作しないで)凄いと言われる角度で飛べて
大会で評価してもらえるのなら、もっと「内緒」にしておきたかった・・・
というのが、素直な私の感想です。 えへへ

昔の日記を読み直してみると、当時はナックルの構造も意味も効果も判らずに
勝手に「上手くなった」と勘違いできる私って、めでたい人です(笑

_9_.jpgIMG_5126__600x600_.jpg
IMG_5127__600x600_.jpg
IMG_5109__600x450_.jpg







↑タイプ2ナックル  ↑タイプ3ナックル  ↑タイプ4ナックル  ↑タイプ3・4ナックル

「ブルブル防止ナックル」グリップ車両に人気
■S13シルビア.S14シルビア.S15シルビア.180sx用 価格26,000円(税込み)です。
タイプ2ナックルドリフト走行会向き
■S13シルビア.S14シルビア.S15シルビア.180sx用 価格31,000円(税込み)です。
「タイプ3ナックル」2014.1.22~発売開始 ドリフト競技向き
■S13シルビア.S14シルビア.S15シルビア.180sx用 価格34,000円(税込み)です。
「タイプ4ナックル」2016.1.10~発売開始 ドリフト競技向き
■S13シルビア.S14シルビア.S15シルビア.180sx用 価格34,000円(税込み)です。
価格はH26.4.1~(税率8%の時)
2013年度 D1GP:今村陽一さんS15、末永直登さんS15(タイプ3)
D1SL:小橋正典さんPS13が使用しております
2014.2015年度 末永直登さんS15(タイプ4)熊久保さんが使用しています
2016年度 末永直登さん(タイプ4)三好隼人さん(タイプ4)小橋正典さん(タイプ4)


下取りしたナックルを加工して送り返します。
納期はナックル到着後営業日で1週間~10日 色は黒のみ

(C33.C34.C35ローレル、A31セフィーロ、WGC34ステージアにも装着出来ます)


ナックルがショートになっている為、長めのタイロッドが必要になります。
アライメント調整と干渉部分の対処の必要です。
テンションロッドと干渉してしまう車輌には、
3UPオリジナル「逃転ロッド」
オススメしています

ロワアームのストッパーの製作を適当にやると失敗します(笑
実車でステアリングラックに入る切れ角UPスペーサーの量を確認して下さいね


ドリフト天国2007年11月号に掲載!⇒

日々作業⇒ナックル装着の注意点

直接お買い物⇒



そのほかの記事:
カテゴリ: