2015年02月08日

「逆間接防止」Fメンバー 前出し&補強加工
ステアリングラックの位置を前方にずらす「Fメンバー前出し加工」はじめました!?
かなり前からやってましたけど・・・

タイロッドの逆間接を防止するための加工です。

簡単にFラックに切れ角UPスペーサーを装着する方法や
ナックルの加工でタイヤの切れ角をアップした場合に
起こる現状で、最大切れ角の時にタイロッドがナックルに対して
逆関節状態となる事があり、大変危険です。
女性ドライバーの力では何にも出来なくなります(三上さんでも・・・)

この恐ろしい逆間接状態を解消する加工が
ステアリングラックの位置を前方にずらす
「Fメンバー前出し加工」です

メリットは、第一に「逆間接防止」
そして、加工ナックル特有の切れ込みスピードの適正化
ついでに、Fメンバーの弱い場所を補強しちゃいます!

4.jpg102.jpgステアリングラック前出しFメンバー加工!
10~15mmほど、前に移動します。
ついでにメンバーの弱い所を補強します
加工料金はSR・RB共に33000円+税
脱着工賃はSR・RB共に15000円+税


合わせて、キャンバーの増加・ロールセンター位置の変更が可能となる
「ロワアーム取付け穴位置変更加工」も承ります。工賃:左右4カ所8000円+税

通販のように「加工のみ」も承ります
Fメンバーは、持ち込んで(発送)頂いたメンバーを加工して送り返します。

写真は、日記からパクった物ですので、乱雑ですがご勘弁!
「加工前」と「加工後」の違いが判りますかね?
タイロッドの角度が違うと思いません? ココがPOINT 重要なのです。

CR33にECR34ラックを移植装着するなどの時に一緒にいかが?
ポン付けという訳には行きませんけど、SPLメニューです
おおよそ、部品で28,000円位+工賃(Fメンバー脱着・加工)48,000円+税
任意でアライメント調整18,000円+税


興味のある方は、ご連絡下さい。
細かく・・・「三上」が説明しますから・・・ By 岡崎
そのほかの記事:
カテゴリ: